読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てって、たのしい!

愛情たっぷりでラクチンな子育てを目指して

第1子出産の記録(病院まで)

こどもが3か月になり、夜しっかり寝てくれるようになってきた。こうなってくるとこちらの睡眠時間がまとまって取れるので、本当にラクだ。そのぶん昼間起きている時間が長くなってぐずぐず言うことも多いのだが、こちらの体力が回復しているので全く苦じゃない。本当に本当にかわいい。ずっと頬ずりしていたい。

しかし頬ずりし続けているのもあれなので、生まれてからの写真を見返していると、この子が生まれたときはこうだったなぁ、ああだったなぁと、色々と忘れかけていた記憶がぶわぁーっと鮮明に蘇ってきて(3か月しか経ってないのに案外忘れるもんだ)、これは今のうちに書き残しておかねばと筆を執った。お暇であればお付き合い願いたい。

 

----------

38w3d:

朝方に突然吐き気。お昼頃に薄いピンクの出血があり、これが例のおしるしか!?とトイレで固まる。寒気がし、体温35.9℃。

38w4d:

朝方再び吐き気。ピンクの出血変わらず。寒気、体温35.8℃。ぐだぐだ過ごす。

38w5d:

寒気なし。出血も止まる。胎児が降りてくることを期待してゆったり散歩。夜、下腹部がしくしくする。

38w6d:

子宮収縮と産後の母乳分泌に効果があると言われるラズベリーリーフティーを飲み始める。

39w:

健診、異常なし。胎児はかなり降りてきていて、子宮も柔らかくはなっているが、子宮口が全く開いておらず。

産後母親が「手伝いに」来る予定なので、わかりやすいようにキッチン用品などを整理する。今更になってラックを組み立てたりもして疲労困憊。

39w1d:

お昼頃からちょくちょく子宮の痛みが出てくる(きゅーっと引き締まる感じ)。まだまだ軽めで全然耐えられるので前駆陣痛だろうと様子を見る。ピンクの出血がまたあり、徐々に色が濃くなってくる。

いよいよ感が自分の中で湧き上がって情緒不安定に。旦那の言動にいちいちつっかかり、そして泣く。その割に「食べ納め」とばかりにごはんやお菓子をもりもり食べる。

39w2d(こども誕生!):

日付が変わる頃から痛みの間隔が短くなってくるが、そんなに痛いわけでもない。しかし、夜中1時前にベッドに入った途端、おなかの中で分厚いゴムのようなものが「ばつん」と破裂したような感覚があり(音も聞こえた!)、驚いている間に羊水がじゃんじゃん漏れてきた。にわかに信じられずベッドの中で数秒固まった後、「やっぱり破水?」と立ち上がってみるとますます漏れてきて、寝ている旦那の隣で静かにパニックに陥る。とりあえずトイレに行き破水を確認した後、病院に電話して状況を説明すると、「では今から来てください」と言われ、遂にこの時が来たかと思うと同時に全身に変な汗をかくのを感じた。電話を切ると、いつの間にか目を覚ましていた旦那がもぞもぞ起き出しながら「行く?」と声をかけてくれ、旦那が家にいるときで本当によかったと心から思った。しかしそんな状況でもパジャマからジーパンに着替えており、あのときの自分の動転ぶりには笑う。

そうこうして、真冬の真夜中、小雨が降るなか、旦那の運転する車で病院に向かった。