読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てって、たのしい!

愛情たっぷりでラクチンな子育てを目指して

プチ産後クライシス体験

早いもので、わが子ももうすぐ1歳を迎えます^^

ほんとに早かったなぁ。そして、すっごく楽しかった!!

 

でも、やっぱり悩みもたくさんあったんですよね。

小さなことから大きな(?)ことまで、毎日のように何かしら悩んでいました。もはや思春期。

最初の頃は、そんなに頑張ってないつもりでも、頑張っちゃってたんですよねー。

全部が初めてのことで、正解もないし、考え方も人それぞれ、時代それぞれで、模索の日々。いろんな情報に埋もれて、今やってる育児が、実はこどもにとって良くない方法だったら、なんて不安になったり。ほんの些細なことで母親としての自信をなくしたり。

ホルモンのバランスだって通常とは違う*1し、産後半年ほどはイライラがとどまるところを知りませんでした…。

大好きだった旦那に対しても、突然ものすごい嫌悪感を抱くようになり、何から何まで気に入らず、旦那の言動全てにつっかかり、普段穏やかな旦那から「性格、きつくなったよね」と言われる始末。時折、頭の片隅に「離婚」の二文字まで登場するようになっていました。

このブログも数記事しか書いてないのに、振り返って読んでみると本当に荒んでますね~我ながら恥ずかしい。。でも、産後の変化の証拠として、記念においておくことにします。

 

産後約1年が経ち、授乳回数がピークの頃の半分ほどに減った今、気付けば、変にイライラすることもなくなりました。夫婦関係においては、あの荒んでいた頃からは信じられないほど、平穏で楽しい毎日に戻りました。

でもそれは、旦那が私を見捨てずにいてくれたおかげでもあるんだよなぁ。ありがたい。

育児超初心者&ホルモンぐちゃぐちゃの時に「もう離婚よ!」とか暴走しなくてよかったー。

長い間耐え忍んで優しく接してくれた旦那にも、暴走しなかった自分にも感謝です。

楽しい育児のためには、夫婦関係ってすっごく大切!

プチ産後クライシスを乗り越え、大切なことを学んだ1年でもありましたー。

*1:出産や授乳で分泌量が増えるオキシトシンが、愛情深さだけじゃなく、攻撃性までアップさせてしまうそうです。よく言われる、赤ちゃん連れの動物に近寄ると襲い掛かってくるから危ないよ、なんてのもこういうことなんでしょうね。