子育てって、たのしい!

愛情たっぷりでラクチンな子育てを目指して

子育てって、たのしい!

あらあら、なんとこんなにもブログを書いていませんでした。

自己満足というか、メモ代わりというか、モヤモヤのはけ口というか(ごめんね)、

そんな感じなのでまったく支障はないのですが。あはは

 

いやしかし、子育てはやっぱりたのしい。

これまでの成長をまとめて列挙すると、

●頭がしっかり丸くなった(結局は、うつ伏せで寝るクセのおかげかと。SIDSが心配でヒヤヒヤするけど)

●自然卒乳してくれた(1歳2か月)

●10時間ぶっ続けで寝てくれるようになった

●歩き、走るようになった

●しゃべるようになった

●ごはんをしっかり食べてくれるようになった

●手をつないでお散歩ができるようになった

●「ぎゅー」と言いながらぎゅーしてくれるようになった

 つまり、ますます可愛く、たのしくなりました♡

 

あと、

●ごみを渡すと捨てに行ってくれる

●落としたものを拾ってくれる

という技も習得していただきまして、それはもう喜んで披露してくれるので、輪をかけて運動不足となった私の体重は右肩上がりです。いいのかよ、これで。

 

こどもの個性によるところも多分にあるでしょうし、旦那をはじめとする周囲の協力のおかげでもあることはもちろん言うまでもないのですが、

穏やかな人種ではない私が今、比較的穏やかに暮らせていることを考えると、自分でも少し驚いています。

妊娠前はヤンチャなこどもを見ると「私、こどもがキライなのかも…」と思っていましたし、妊娠後も、出産直後も、やはり「私なんかに母親が務まるのだろうか」と不安でいっぱいでした。

 

ですが、今は自信を持って言えます。

子育てって、たのしい! めっちゃたのしい!!!

 

自分の努力が、目に見えてこどもに表れてくるんです。

愛情を注ぐと、こどもはそれ以上に愛してくれるんです。

けど、ううん、そんなんじゃない。

親からの愛情がどうであれ、無条件に愛してくれるんです。

こんなに愛おしい存在が、目の前にあるんだ。

こんなに小さな手が、こんなに大きな笑顔が、こんなに愛おしくて胸が苦しくなる存在が、目の前にある。

 

母親になってまだまだ2年弱のヒヨっこですが、

すぐに訪れる「魔の2歳児」期に心が折れることもあるかもしれませんが、

この先どんなに悩んだとしても、

その時その時のこどもを愛し、子育てをたのしんでいけたらと思います。

 

 

なんだか真面目になっちゃったけど、

たのしい子育てをサポートしてくれているみんなに、感謝と愛をこめて。