読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育てって、たのしい!

愛情たっぷりでラクチンな子育てを目指して

やってみていること(日常編/~2歳弱)

1歳を過ぎてからというもの、こどもの精神発達のスピードには目を見張るものがありました。

すごく大雑把ですが、0歳代は身体の発達、1歳代は精神の発達、って感じ。

おお、大したことも書いてないのに漢字が多くて目が痛い。

からだとこころの発達、にしよう。

で、歩くようになった頃からは、大人の言うことはほとんど理解し、記憶し、行動しているように感じることが多くなりました。

0歳代はまさに「這えば立て、立てば歩めの親心」状態で、なんだか気が急く日々もあったのですが、

言葉を理解し、単語をしゃべるようになり、会話がなんとか成立するまでになったわが子の今の成長のスピードには、私の方が置いて行かれているぐらいです。

 

成長には個人差があるし、わが子も他の子に比べて別段成長が早いというわけではないのですが、0歳の時のからだの発達とは違って、こころを発達させるのって、親もお手伝いできるんですよね、きっと。

思い返してみると、なんとなく意識してやってきたことも色々ありまして。

というか、子育てをラクチンにしたくてやってることも結構あるよなぁ。

それらがいいのかどうかはわかりませんが、第2子を授かれた時用に、メモがてら、挙げていってみようと思います。

 

●とりあえず話しかける

新生児の頃から、めっちゃ話しかけてました。

というより、そもそも私が独り言の多いタイプで、聞いてもらっていたという感じです。なんでもかんでも思ったことは口に出して、同意を求めたりしていました。おかげで、家に1ヶ月こもっていた割には、意外と楽しく過ごせました。

 

●絵本を読む

暇なので、これも新生児の頃からやってました。

1ヶ月健診のとき、わが子ひとりだけ喃語をしゃべりまくっていて、「この子よくしゃべるね!」「もしかして絵本読んであげてる?」といろんな助産師さんから言われました。だからといって得したことは別にありませんが、絵本が好きなこどもになりました。

 

●うざいほど絡む

寂しいよりうざいぐらいの方がいいかなーと思い、時間があるときはこどもに拒否されるまでベタベタしたり、一緒に遊んだりしています。わが子の場合、それで満足するのか、15分もすると私から離れて一人で遊びだします。用事もはかどります。

 

●待たせたあとはハグする

抱っこをせがまれても手が離せないときなど、待ってもらうこともよくあります。なので、その用事が終わったら、「お待たせ~!待ってくれてありがとう~~!」とオーバーに言いながらハグするようにしています。このとき、こどもから少しだけ離れた場所にしゃがんでから両手を広げると嬉しそうに飛び込んでくるので、可愛いです。おすすめ。

 

●集中しているときは声をかけない

かまってほしいときには自分から声をかけてくれるので、近くで用事をし、チラチラ様子をみるだけにしています。用事もはかどります②。

 

●叱るときは抱きしめる

よく、「叱るときは共感してあげてから」云々と聞きますが、それができるなんて素敵な大人だなーと思います。

私はそれほどできた人間ではないし、私自身が今の時代じゃ児童相談所に通報されてもおかしくないギリギリラインで育ったせいもあるのか(恨み節)、加減はするものの、すぐに手が出てしまうんです。もちろん、赤ちゃんに手を上げても本当にまっったく意味がないし、恐怖を与えるだけです。

そして後から襲ってくる自責の念も、ものすごい強烈なんですよね。数分後にはこどもはいつもと変わらない「お母さん大好き!」な笑顔を向けてくるし、それを見て更につらくなります。

なので、こどもを抱きしめるのは、「自分の手を封じるため」です!(どーん)

でもこれ、意外にもかなり色々と効果がありまして。

ぎゅーっとする間に冷静になれるし、こどもの動きも封じられるし、耳元で小さい声で叱れるし、目線も合わせられるし、私にとっては今のところこれが最良の手段です。

みんなもやってみてね。

 

●ある程度のヤンチャはスルー

これは自宅など他に人がいない場所でのことですが、ひとつひとつのヤンチャにイライラすることに、段々疲れてきまして。大怪我をしそうとか、これだけはしてほしくないということ以外は、観察はしていますが敢えて何も口出ししないことにしました。

痛い思いをしたり、大切なおもちゃが壊れたりするのも、それはそれでいい経験になるでしょう。毎日片付け、大変ですけど。

 

●選択肢を与える/与えない

親としてはどっちでもいいこと(絵本とブロックどっちで遊ぶかとか)には選択肢を与えてこどもに決めてもらいます。

服を着替えるとか、今してほしいことに関しては、こどもには何も聞かずに「はーい右手くださーい」的に進めていきます。下手に「着替えようか?」などと言おうものなら、うちの子、逃げちゃうんです。なぜ。

 

●伝えたいであろうことを言葉にしてあげる

最近はたくさんの単語をしゃべれるようになってきましたが、不完全なので理解に苦しむこともしばしば。でも、わかってもらおうと何度でも何度でも話してくれるんですよね。いじらしいです。

このことかな?と思って言葉にすると、当たった時は本当に嬉しそうな顔をするんですよねー。長い時間一緒にいるからこそわかることもあって、幸せを感じられる瞬間です。

 

 

こんな感じかな。

文章にすると長くなるけど、大したことやってないんですよねー。

けどやっぱり、赤ちゃんと毎日を過ごすのにはかなりの体力と気力が必要です。

私は専業主婦なのでいいのですが、これを仕事しながらやってるんですよね、みんな。本っ当に尊敬します。

 

っていうか、メモ代わりに書いたのはいいけど、いざ第2子を授かった時、このブログ読み返す余裕とかあるのかしら、私。。

まぁ、その時はその時か。